ナチュラルライフ

プレゼントに選びたいおとなのための絵本

50代女性生き方ブログ

私たちが幼少の頃は、『飛び出す絵本』という呼び方が定番だったでしょうか。

今では『ポップアップブック』、『しかけ絵本』という方がよく使われている、それらの絵本。

あなたは最後にいつ、手にとりましたか?

トランプが降ってきそう

2019年秋。横浜そごう美術館では『不思議の国のアリス展』が開催されていました。

このお出かけをきっかけに、書店で『不思議の国のアリス』関連の絵本、児童書など、いろいろな書籍を探してみた私は、とても素敵なしかけ絵本を発見!

『不思議の国のアリス』

出版社:大日本絵画

著者・編集:ルイス・キャロル、ロバート・サブダ

『とびだししかけ絵本』と説明がありますが、表紙を見ただけでは、中身の素晴らしさが今一歩伝わりません。

この絵本は、表紙よりも中身で勝負です。

紙の魔術師と呼ばれているロバート・サブダさんが手がけているので、間違いはないとはわかっていても、圧巻のページに目を見張ります。

英語版「Alice’s Adventures in Wonderland (不思議の国のアリス)」”紙の魔術師”ロバート・サブダによるアリスの世界!

アリスよりも大きなトランプが弧を描いているのですが、トランプの枚数がすごい!

このページの鮮やかな色彩とキラキラ感は、ここだけ眺めているだけでも気持ちが上がります。

今では当たり前のVR(Virtual Reality・バーチャルリアリティー)。

仮想現実は、大きなゴーグルを付けて体験しますが、しかけ絵本でも、ある意味別のバーチャルリアリティを体験できるような気がするのは、幼少の頃の遊び方、ごっこ遊びに影響されているのかもしれません。

のんびり散策している気分に

ほのぼのとしたイラストが心を和ませてくれるこちらもおすすめ。

『ナマケモノのいる森で』

出版社:アノニマスタジオ

著者・訳:ソフィー・ストラディ・松田素子

しかけ:アヌック・ボアロベール ルイ・リゴー

まとめ

絵本の中でも、ひとりで楽しむ方がいいなと思うのが、しかけ絵本。

不思議さ、ワクワク感、夢想する場面など、誰かと共有するのもうれしいことですが、ひとりで想像を広げることは、自由で開放的な世界ですよね。

最近、しかけ絵本を開いていないという方は、自分へのプレゼントにいかがでしょうか。

絵本を開いたときのふわッと華やぐ気持ち。

ぜひ味わっていただきたいです!

おすすめショップ

50代女性のゆったりワンピースなら

ナチュラルセンス


綿麻が中心!ふんわりワンピースが豊富

 

オーガニック食材宅配なら

大地宅配



スポンサーリンク