オーガニックの化粧品選び

オーガニック化粧品

肌に優しいオーガニックコスメ。コスメ売り場にも『ナチュラルコスメ』という表示をよくみかけるようになりました。

スキンケアを大切にしたい私たちにとって、オーガニック化粧品と聞くだけで魅力的に感じますが、オーガニックだとどのようなメリットがあるのでしょうか。

今回は安心して『オーガニックコスメ』を試すための簡単な見分け方なぜオーガニックがよいといわれているかを専門家がお話ししていきます。

オーガニック認証を探す

信頼できる『オーガニックコスメ』の見分け方はズバリ『オーガニック認証を探す』こと。認証はマークがありますので、とても簡単に見つけることができます。

別記事で『オーガニックの日焼け止め』でお話しましたが、実は日本には、日本独自のオーガニック化粧品の認定機関はありません。

では日本製の『オーガニックコスメ』は、嘘を記載しているの?というと、そういうことではありません。

日本では、オーガニック化粧品の認定機関がないため、オーガニック栽培で育った植物を使用していたり、オーガニックオイルを使用しているということだけでも、『オーガニック』と記載しても問題ありません。

そのため、オーガニック栽培の植物を配合していることを強調している場合は、当然『オーガニック』という言葉が目につくように表示されているということになります。

それは、決して嘘でも悪いことでもありません。基準がないということは、自由ということですから。

けれど、オーガニックコスメを使いたい!と思っている場合は、その違いを見極めて、自分が購入したいものを選ぶことができるようにしておいた方がよいでしょう。

日本製のオーガニックコスメ

実は日本独自の認定機関がなくても、海外の機関で認定を受けることができます。

海外で認定を受け、信頼度を高めている日本製のオーガニックコスメもありますので、国産品にこだわりたい場合は、そういったものを探しましょう。

国内メーカーさんが海外のオーガニック認証を受けるということは、企業努力の賜物だと感じ、私はものすごく信頼感しています。

どんな認定機関がある?

海外の認定機関はたくさんありますが、日本でよく知られているのは『エコサートECO CERT』や『ネイトゥルーNATRUE』でしょうか。

まずは、このUVミルクをご覧ください。

パッケージの右上に『エコサートECO CERT』のマークが表示されていますよね。

右上にある女性の横顔が認証マーク。

信頼度の高いオーガニックのコスメが使いたい!本当のオーガニックコスメがいいな!と思ったら、この認定機関のマークを探してみてくださいね。

認証機関のマークはこのようなものがあります。

オーガニック海外認証マーク

(DR.BRONNER’S ALL-ONEパンフレットより引用)

有機農法で育てられた植物

先ほどもお話ししたように、日本ではオーガニックの基準がないので、有機農法で育てられた植物を使っているというだけでもオーガニック化粧品と記されていることもあります。

もちろん、有機農法で栽培された植物は健やかな植物の証でもありますので、より安心安全な製品であるというPRポイント。

オーガニックにこだわらなければ、ナチュラルコスメとして選択肢の中に入れてもいいかもしれません。

[chat face=”stockfoto_111936569_XS1-e1583638475161.jpg” name=””align=”right” border=”red” bg=”none” style=””]知らないとオーガニックコスメだと思って買ってしまうかも![/chat]
[chat face=”rico.jpg” name=”rico” align=”left” border=”red” bg=”none” style=””]そうよね。でも海外ブランドのオーガニックなら大丈夫かというと、そうとも言い切れないの。[/chat]
[chat face=”stockfoto_111936569_XS1-e1583638475161.jpg” name=””align=”right” border=”red” bg=”none” style=””]なぜ?[/chat]

海外のオーガニックブランドは、オーガニックの基準に沿って認証を受けた化粧品ですので、安心して使うことができますが、オーガニックだから安全ということではなく、自分の体にあうかどうかということが何よりも大切なことです。

オーガニックコスメの安心安全は認定機関によって認証されているということだけに頼らず、自分に合うかどうかを見極めることがとても大切。

[chat face=”stockfoto_111936569_XS1-e1583638475161.jpg” name=””align=”right” border=”red” bg=”none” style=””]海外製品でも、日本人向けに開発されている化粧品もあるよね。[/chat]

[chat face=”rico.jpg” name=”rico” align=”left” border=”red” bg=”none” style=””]私が愛用しているヴェレダの日焼け止めがそうね。[/chat]

ヴェレダのUVプロテクト

 

化粧品に限りませんが、何でも自分の目で『よくみる』『確かめる』ということが肝心です。

オーガニックの基準

ところで『オーガニック化粧品』といわれるものは、どんな基準が設けられクリアしているのでしょうか。

例えば、ヴェレダが認証を受けている『NATRUE』はどうでしょう。

ネイトゥルーは、『信頼おける自然化粧品の認定基準』として、「配合が認められている原料はネイトゥルーが定めた自然原料・準自然原料・自然同一原料に限られ、 製品の製造方法、環境保護、動物保護などに関しても厳しい基準を設定しています」といっています。
(ヴェレダ公式ホームページより引用)

↓こちらからご覧になれます。


またその認証される化粧品が、可能な限りナチュラルであることを保証するとして、以下のような事項をあげています。

・ナチュラルおよびオーガニックな成分が配合されています
・許可されている製造段階での制限が守られています
・環境にやさしい製造方法がとられています
・合成香料および合成色素は配合されていません
・石油系原料(パラフィン、PEG、プロピル系、アルキル系、その他の石油誘導体等)は含まれていません
・シリコンオイルやその誘導体は含まれていません
・遺伝子組み換え植物あるいは有機体からの原料は含まれていません(EUの有機農法規格による)
・製品や植物性成分には放射線処理が施されていません
・動物実験は行われていません

ちなみにECOCERT(エコサート)の基準は公式ホームページが英語のため、正確に翻訳できず…申し訳ないです。

エコサート認証は、日本国内に唯一あるエコサート・ジャパンで受けることができ、国内にいながら世界基準の有機認証を取得することができます。

エコサート・ジャパンの公式ホームページによると、エコサートは、オーガニックコスメ製品認証の世界シェアが75%なのだそうです。

そして品質を維持するために、エコサートを含む欧州5ヶ国の認証団体が合同で、オーガニックコスメに関する統一基準「COSMOS」が策定されたということです。

グリーンノートのUVミルクのパッケージにも表示されていましたが、マークはこれです!

エコサート認証マーク

そういえば、私が試しに購入し、使ってみたイオントップバリュの美容液。

モイスチャーライジングエッセンス

価格:2,750円税込(30ml)

購入の決め手はエコサートのマークでした。

イオンのトップバリュはなかなかすごい商品がたくさんあるのですきなのですが、このシリーズ、よくみると『エコサートコスモスオーガニック』のマークがついていました!

保湿用に購入し、伸びがよく、肌もかさつかず、柑橘系の香りが好きな香り。

イオンのオーガニック化粧品

 

(イオントップバリュグリンアイのチラシより引用)

まとめ

店頭をみていると、日本の化粧品メーカーで「オーガニック」と記しているものは、予想外にたくさんありました!

オーガニックを探したいと思っている場合は、まずは認証マークを探してみるなど、製品の箱などをよく確認した方がよさそうです。

ヴェレダのショップをみる


[box01 title=”【この記事の監修】”]

オーガニックコンシェルジュ:rico

オーガニックにかかわるルールを理解して、食の安全安心から自然との共生へとアンテナを広げる案内人。オーガニックコンシェルジュ協会認定のオーガニックコンシェルジュ。

[/box01]