50代ファッション

【50代女性服】ワンピースの丈が長いときの簡単裾上げ

ワンピースの最新情報はこちらです↓
ナチュラルセンスおすすめワンピ
2021年秋に着たいナチュラルセンスワンピースおすすめは? ナチュラルセンス♡秋に着たい楽ちんコーデのおすすめをアップしました。 在宅ワークをしながら家事もする。おうち時間を充実させ...

通販で買ったワンピースの丈が長いとき

 

50代女性おすすめワンピース

通販で購入したワンピース。早速着てみると丈が長すぎる・・。返品しようかな?とガッカリしたことはありませんか?

丈が長すぎるから返品しようかな?とあきらめなくても、丈は簡単に直すことができます。新品の服にハサミを入れる勇気が必要ですが、試してみるのもひとつの方法です。

丈の長いワンピースを短くする

私事ですが、私の身長は155cm。ジャストサイズはM。けれど私はいつも迷わずLを注文しています。その結果、届いたワンピースの丈が長すぎる!と感じることがよくあります。まあ、当たり前の話なのですが・・。

丈が長すぎることはわかっていても、どうしてもそのワンピースがいいな!という時、私は、ワンピースを購入し長い裾を短くするということをしています。

ワンピース丈直し簡単

ただし、購入するのは扱いやすい素材のリネンか綿であることが絶対条件。

それでは実際に購入し、丈を短くしたワンピースでご紹介していきますね。

購入したナチュラルセンスのワンピース

モデルさんの身長は、私よりも8㎝も高く私が着たら予想通り長いです。

50代女性おすすめワンピース

けれど丈の長いワンピースを短くする裾上げなら、直線縫いでスイーっと縫えば簡単

マキシ丈をミモレ丈に

ワンピースをゆったりと着たいと思うと、重視したいのは胸やおなか、腕周りですよね。けれど、それを重視すると丈が長いということがよくあります。

今回は『マキシ』丈のワンピースを『ミモレ』丈にする方法のご紹介です。

ちなみに、丈の種類は、

ミディ丈:膝が隠れる程度

ミモレ丈:ふくらはぎの中間丈

マキシ丈:足首からくるぶし丈

(参考:Wikipedia)

簡単!丈の直し方

ここでご紹介する『長い丈の直し方』は、洋裁はあまり好きではないとか、洋裁は得意ではないとか、ミシンが苦手できるだけ簡単に直したい!というような方向けの方法です。

大雑把で一般的な方法ではありませんが、見た目にも機能的にも問題はないと思っています。この方法なら30分位で直すことができると思いますよ。

丈を短くする方法

①裾の折り代分だけ一回上に折り、印をつける。

②もとの折り代部分をカットする。

③印の部分に沿って折り目をつけてアイロンかけ。さらにもう一折してアイロンかけをする(三つ折り)。

④裾の始末をする(ミシンで縫う)

元の折り代が1cm位の場合

カットして裾の始末をしたら、このような感じになります。購入した時とほぼ同じ状態に戻りました。たったこれだけで、思った通りの丈になりました。

50代女性おすすめワンピース

50代ワンピースおすすめ

直し方を具体的に説明していきます。

折り代が1cmの裾を約3㎝短くする方法
元の裾の折り代部分をカットし、再度1cmで3つ折りをつくり全体で3cm丈を短くする。

ちなみに、折り代とは、裾を折って始末をしてある部分のことです。もとの裾折り代が1㎝位だと、この方法がとても簡単で、『ちょっと短くしたい』という場合は、約3㎝短くなります!ワンピースの丈を直す

①もとの折り代部分を利用(定規のかわり)にして折り代の厚みのある部分を上に折ります。↓

丈直し方法

②折ったら↓白い部分に印をつけていきます。

 

 

丈お直し

③印をつけたら元の裾折り代をカット。

 

 

 

ワンピース裾上げ

 

④印をつけた白ラインをカットするのではなく、元の折り代(布が重なっている部分)をカットする。

丈長すぎる

印のところで谷折りをしてアイロン、もう一度折り返してアイロン。これで三つ折りの折り代ができます。あとは折り代の際をミシンで縫って完了。

折り代が狭い場合

価格控えめなワンピースでよくみかけますが、このような裾始末になっている場合の、裾上げはもっと簡単で、ハサミで新品ワンピースを着る必要もありません。

しかも三つ折りをつくる必要もなく、一折りするだけでOKです。

折り代が狭い 裾上げ

何センチ裾上げをするか決めたら、その幅を測りながら印をつけ、アイロンでしっかりと折り目をつけていきます。

アイロンは面倒だな・・と思いがちですが、待ち針で留めただけでミシンをかけるよりも失敗がなく、仕上がりもきれいですよ!

折り目がついたら二つ折りでミシン掛け。これで出来上がりです。

裾上げちょうどよい

裾上げ失敗

ただし生地をカットしないため、折り代の幅が広すぎると、見た目がいかにも直しましたという感じになっていしまうので、折り代を広くし過ぎない方がよいです。

裾がとても長い場合

私が注文したこちらのワンピース。
なかなか長いですよね?着丈を確認しましたか?と言われそうですが、確認せずに購入しました。我ながら同じことを何度も繰り返すなあ・・と思います。
ワンピースの裾が長い
ワンピースの裾が長い
しかも色違いで2着も購入しています。今回はカットするという方法で試したました。ずいぶん長かったので10㎝裾上げをします。
ワンピースの裾が長い
ワンピースの裾が長い裾上げ
まずは裾から10㎝のところに印をつけていき、アイロンがけをします。

とても時間がない方、新品にハサミを入れるのに抵抗のある方、もしかしたら長いまま着たくなるかもと思う方などは、この状態でグルっとミシンで縫ってしまうという選択もありです。少し上の方に縫い目がでますが、部屋着やワンマイル外出なら、それほど気にならないと思います。

今回は、5㎝位残して5㎝位を裁断しました。たびたびアイロンを使用しますが、簡単にすませようとするときほど、実はアイロンが役に立ちます。

ワンピース裾が長い
ワンピース裾が長い裾上げ

三つ折りにするために、折り代の半分を内側に折り込んでアイロンをかけます。最後に折り代の縁をミシンで縫って出来上がりです。

※この方法はできるだけ簡単にと考えた個人の方法です。専門家の方には邪道と思われるかもしれませんので、個人のご判断でお試しいただけるとうれしいです。

袖も短くしたい場合

長袖を7分、8分位にしたいという方はいませんか?私がそのタイプです。腕を動かしても、肘にひっかからないくらいで、腕まくりもしなくてよい、自分好みの袖の位置ってありますよね。私は袖も、こんな感じでお直ししたりします。

三つ折りでアイロンをかけて、ミシンでクルッと縫えば出来上がり。購入したばかりの洋服にハサミを入れるのは、とてもドキドキしますが、一度チョキっとする勇気を出せば理想のワンピースになる喜びが味わえます。

50代女性おすすめワンピース

50代女性おすすめワンピース

お直しできるワンピースの選び方

選ぶポイント

①シンプルなワンピース

②素材は天然素材のもの

③コストパフォーマンス

①シンプルであっても、スリット入りのものやラップになっているタイプ、プリーツがあるものは手間がかかるためNGです。

②素材はレーヨンやポリエステルは、ミシンに慣れていないと扱いにくいのでNGです。

③コストパフォーマンスは、『布代+作業時間』と販売価格を比べて比較。手作りすると考えたときの『布代+作業時間』と販売価格を比べて自分が納得できるかが目安です。自分にとって高価な商品だと思うワンピースはお直ししないで着ることができるものを選んだ方が無難です。

具体的なことは、こちらのワンピースの場合でご説明しますね。

例えばこちらのワンピース。ナチュラルセンスでは、価格3,998円(税込)です。

同じようなワンピースを手づくりをするために、こちらで布を注文したとしますね。

とても肌触りのよいコットンリネンのシーチングです。エアータンブラーワッシャー加工がされていて、最初から洗いざらしのようなお気に入りの生地です。

50㎝で572円(税込)なので、3m購入したとすると572円×6=3,432円

布代だけで、3,432円(税込)ということになります!

ハンドメイドを楽しみたいときは、とてもよいお買い物。

けれど、作る時間を『楽しむ時間』ではなく『作業時間』と考えると、この価格でできることはありませんよね。

人によって、価値の基準は違っていますので、私の考えも??な方もいらっしゃるかもしれません。けれどひとつの考え方として、ご自身の基準をみつけるきっかけになれば、それはうれしいことだと思っています。

丈のお直しがしやすいワンピース

繰り返しになりますが、裾上げのしやすいワンピースは、素材が綿、麻、綿麻です。またワンピースの形としては、スカート部分がフレアーやAラインのもの。プリーツやスリットの入ったものは、難しいのでおすすめではありません。

ネットで選ぶなら、ナチュラルセンスで扱っているワンピースは綿、麻、綿麻のものが多く揃っていて価格もお手頃です。

ナチュラルセンスの公式サイトへ

ぺチスカートで上品に

ぺチスカートは若い方向きのように思われがちですが、シンプルなワンピースと合わせると、上品な印象になります。

ただし、私のようにウエストゴムの苦手な方は注意が必要です。

なぜなら、ぺチスカートのウエストゴムが太くシッカリしているから。けれどゴムがしっかりウエストマークするのには正当な理由があって、ゆるいとワンピースやスカートと擦れあって位置が変わってしまうから。ゆるいと場合によっては、だんだん下がってくることもあります。

実際私がウエストをゆるゆるにして履いてみたら、ぺチスカートが下がってくるようで、とても履き心地が悪かったです。

 

 

 

ぺチスカートウエストゆるく

そこで、ウエストはゆるく、それでも下にずれたり、よれたりしない方法を考えてみました。それがキャミソールとドッキングすること。私はキャミソールではなくTシャツにしました。

ぺチキャミソール

これと

Tシャツ

これをドッキング

ぺチスカート

 

ぺチキャミソール
ワンピースリメイク

 

・・ということで、ナチュラルセンスのぺチスカートは、

ウエストゴムは幅広でしっかりとしていることが気にならない方

向けの商品かなというのが私の感想です。ぺチスカートの購入を検討されている方の参考になればうれしいです。そのほか、ぺチワンピースのように裾にレースが入っているものは、裾でお直しができず、ウエストで調整しないと丈を変えることができません。購入するときは着丈をよく確認して購入することが大切ですよ!

追伸50代の母たちへ

自分好みのワンピース。手作りできたら素敵ですよね。手をかけた分、愛着もわくし、自分の着るものを自分でつくるなんて、それだけで日々の生活にゆとりがあるように感じます。そういえば、子どもたちが赤ちゃんの頃はスタイをつくったりしませんでしたか?給食袋やぞうきんなども、私たちの頃は売っていなかったので手づくりしましたよね。私は玉入れ用の玉も作った(作らされた?)記憶があります(笑)

ワンピースの裾直し方

そんな思い出は懐かしくもあり、幸せな時期だったと思い出すことができますね。

ワンピースを一から手づくりするのは少し大変ですが、綿やリネンのワンピースを自分好みに手直しするなら、手づくり感も味わえて、なんだか自分のために手をかけている感じがしますよね。

子どもたちを愛おしむ気持ちから作った給食袋やぞうきんのように、これからは自分にも愛おしく手をかけることも、実は今の私たち世代には大切なことなのかもしれません。

自分のために・・。

いつの間にか忘れていたかもしれません。

できることから少しずつ、自分への思いやりを取り戻していきたいものです。

ナチュラルセンスのワンピースおすすめ
夏はナチュラルセンスがおすすめ|リネンや綿のワンピース リネンとコットンの服といえばナチュラルセンス。通販で安心して購入できるブランドのひとつですね。 ワンピースやトップス、スカ...



おすすめショップ

50代女性のゆったりワンピースなら

ナチュラルセンス


綿麻が中心!ふんわりワンピースが豊富

 

オーガニック食材宅配なら

大地宅配



スポンサーリンク