50代暮らし

ウォーキングの距離はどのくらい?自分の速度は知っている?

ウォーキングで歩く速度はどのくらい?

ひとりでお出かけ50代女性歩く速さ

横浜三渓園にお出かけしたり、皇居にお出かけしたり、ひとりでお出かけするのは自由で楽しいですよね。

今度はあそこに行ってみよう!こんなところもいいなあと行きたいところはたくさんあることでしょう!

ところで、普通にお出かけしたときに自分がだいたいどれくらいのスピードで歩いているか考えたことはありますか?

乗り物を使わずに歩く

 

50代女性一人でお出かけバス

大雪の日、道路があまりにも渋滞をしているので、私は思い切って歩いて出かけることにしました。

バスなら15分ほどで到着します。

私が徒歩で出かけて到着するまでにかかった時間は45分間。

着いた私は(どのくらいの距離を歩いたんだろう?)と気になりました。

(45分間で到着するならウォーキングにちょうどよいかも・・。)

自分の歩く速度を知っていますか?

rico
rico
自分の歩く速度を気にすることは、普段ほとんどありませんよね?せっかくなので、ちょっと考えてみましょう。

 

50女性一人でお出かけバス

普段あなたは、ゆっくり歩くタイプでしょうか。

早く歩くタイプでしょうか。

rico
rico
もちろん、時と場合によって変わってくるとは思いますので、とくに急ぐ用事のないときを思い出してみてくださいね。

それでは、まずは一般的なお話からしていきましょう。

厚労省の資料と比較してみよう

厚生労働省の『健康づくりのための運動指針2006』(厚生労働省)では、女性が3分間歩いたときの距離と歩行速度を測定したものを表の中で、以下のように示しています。

このときの歩く速さは「自分がややきついと感じる速さ」ということで測定されました。

20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代
3分間の歩行距離(m)  345  345  330  315  300
歩行速度(m/分)  115  115  110  105  100

正直この表をみてもピンときませんよね。

50代女性が、「3分間に315m歩くことができて、その速度は毎分105mです」ということはわかります。「3分間歩いた事実とそれをもとに計算された速度」ですね。

けれど、

(へェ・・。そうなんだ。)

という感じです。

rico
rico
なぜ、いまいちピンとこないかというと、「3分間歩いた距離」と「歩行速度」という表記が身近ではないからだと思います。

3分間という基準で考えることってあまりないし・・。

歩行速度というのも生活とかけ離れている感じがします。

それでは、どう言われればピンとくるかというと、

rico
rico
「1分間で105m歩けるよ」

この方が解りやすくありませんか?

100m走の距離、運動会で走るあの距離です。

20歳代 30歳代 40歳代 50歳代 60歳代
3分間の歩行距離(m)  345  345  330  315  300
歩行速度(m/分)  115  115  110  105  100
1分間に歩ける距離(m)  115  115  110  105  100

「歩行速度(m/分)」と「1分間に歩ける距離(m)」は同じです。

この表の「歩行速度」とは、「分速」とも言い換えられ、「1分間に進む距離」を表しています。

「1分間で歩ける距離」と聞いた方がイメージしやすいですよね。

「速度」とは「動いている物体が、一定の時間あたりに進む距離」のことです。

50代女性一人でお出かけ

女性は40歳頃から1分間に5mくらい歩ける距離が短くなっているといわれています。

今は健康管理アプリなどで、自分の歩いた距離と時間などはすぐに計算できるかもしれませんが、試しに自分でもザックリと測ってみましょう。

[脳のトレーニングにもなりますね!/chat]

脳トレで自分の分速を計算してみよう

見当をつけるだけなので、(歩幅)×(進んだ歩数)で計算してみましょう。

まずは、自分の1歩を測ってみましょう。

あとは1分間で何歩進んだかを数え、かけ算をするだけです。

私の場合は、左の足のつま先から1歩前に出した右足のかかとまでが約20cm。

50代女性ひとりでお出かけ

 

50代女性一人でお出かけ

そして靴のサイズが23cmなので1歩は約43cm(0.43m)と考えます。

50代女性ひとりでお出かけ

 

1分間で235歩進むことができました。

何m進むことができたか計算してみましょう。

m(メートル)に単位を合わせて43cm=0.43mで計算します。

(0.43m)×(235歩)=101.05(m)

50代女性が1分間で平均105m歩くことができるようですが、私の場合は約101m。

60代女性に近いですね。

平均以下ですねえ・・。

もう少し速く歩かなきゃ!

小学校6年生算数の学習「速さ」

小学校の算数の目標には、

「日常の事象を数理的に処理する技能を身に付けるようにする」

という目標があります。さらに

「日常の事象を数理的に捉え見通しをもち筋道を立てて考察する力を養う」

ことも目標に挙げられています。

たとえば「皇居をぐるっと1周してみよう」と思った場合、

ひとりでお出かけ皇居

「皇居1周は約5㎞。私は1分間で105mくらいで歩けるから、5,000÷105=47.619・・・で、約48分位かかるかな」

さらに

「でも、今日は少し暑いから、もう少し時間がかかるかもしれない。約60分と考えて、レストランに入る時間を予約しよう」

と見立てることができると〇。

これは「数学的な考え方」「論理的思考」にも通じていて、物事を考えるときにとても大切で、そしてとても便利な考え方なのです。

普段の小さなことでも筋道を立てて考えると、うっかりミスなども減ると思うのです。

私は最近、うっかり間違えたり、良い方法をみつけるのが今までよりも時間がかかったりすることがあるので、自分で意識して「論理的に」考えるようにしています。

このように、

「ざっくりとでよいので、予測して行動ができたり、物の大きさをや重さをだいたいで見当をつけることができるようになる」

というのは、小学生だけではなく50代にも大切な思考力といえるかもしれません。

「頭を働かせなさいね」と脳に伝えるということです!

まとめ

50代女性これからの暮らし方ひとりでお出かけ
rico
rico

厚労省のホームページをみると、普通歩行や早歩き(速歩)は「運動」ではなく、「生活活動」に分類されています。

運動とはいえないなんてちょっとガッカリね。
rico
rico
厚労省では「身体活動のうち、日常生活における労働、家事、通勤・通学などのことを「生活活動」として示しています。
例えば、買い物や洗濯物を干すなどの家事、そして犬の散歩や子どもと外で遊ぶといった生活上の活動、さらに通勤や営業の外回り、階段の昇り降り、荷物を運ぶことも生活活動としています。

これらの「運動」や「生活習慣病」「生活活動」などのことはホームページ(厚生労働省ホームページ)で詳しく解説されていますので参考にしてみてくださいね。

厚労省eヘルスネット
(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-01-002.html)

 

そして小学校の教科書は、おとなの私たちがみても楽しいですよ!

書店でも教科書が販売されているところもありますので、機会があったら手にとってみてくださいね。

もちろんAmazonでも購入できます。

新編新しい算数 6 [平成27年度採用]

新品価格
¥1,495から
(2019/9/27 13:08時点)