50代暮らし

ウォーキングの距離はどのくらい?自分の速度は知っている?

50代女性のウォーキング

ひとりでお出かけ50代女性歩く速さ

50代女性の方の中には、ウォーキングをしているという方もいらっしゃいますよね。アプリを使えば、歩いた時間や距離、消費カロリーまですぐに表示されるので、目標も立てやすく楽しく取り組むことができます。

歩いた距離や消費カロリーがわかれば、別に歩く速度なんて知らなくてもよいと思うかもしれませんが、自分の歩く速さはどれくらいなのかを知っておくと便利なこともあります。

徒歩〇分って?

たとえば、不動産物件を探していると見かける『徒歩〇分』。

自分の歩く速さを知っていれば、それよりも時間がかかるか、あるいはもっと早くたどり着けるかがわかります。

不動産に表示されている『徒歩〇分』は徒歩所要時間といって、「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」の第5章、表示基準第10条「物件の内容・取引条件等に係る表示基準」(8)(9)(10) において、「徒歩による所要時間は、道路距離80mにつき1分間を要するものとして算出した数値を表示すること」から割り出された時間です。

つまり歩く速度を分速80mとしていますよ、ということですね。

駅から徒歩10分と表記されているのであれば、駅から800mの距離にあるということになりますが、自分の速度を知っていれば比較ができるので、それよりも時間がかかるとか、かからないとかを知ることができます。

50女性一人でお出かけバス

厚労省の資料と比較

比較といえば、厚生労働省が作成した『ウォーキングブック』の『歩く能力の測定方法(1周400mのトラックを歩く場合)』では、

400mを普通の速さで歩くと、5分30秒かかることから分速73mと記されていました。

ちなみに計算法方法は以下の通りです。

5分30秒で歩いた:1分間に進む距離(400m÷5.5) 73m

※参照:厚労省:『ウォーキングブック』(測定対象の年齢は不明)

このデータと不動産で表示されている分速80mを比べると、徒歩所要時間の方が早歩きということがわかりますね。

ここまでのまとめ

徒歩所要時間は分速80m

厚労省参照の普通の歩く速度は分速73m

自分の歩く速度もせっかくなので調べてみましょう。

自分の歩く速さを計算

実は小学生の算数は、普段の生活で『見当』をつけられるようになることが大事な学びのひとつでした。どのくらいの大きさかな?どれくらい時間がかかるかな?そういったことが見通せると普段の生活に役立ちます。

自分の歩く速さをアプリの記録を使って割り出そうと思いましたが、歩数と距離しか表示されないアプリを使っていたので、こんな方法で計算してみました。

私の場合は、右の足のつま先から1歩前に出した左足のかかとまでが約20cm。

50代女性一人でお出かけ50代女性ひとりでお出かけ

 

 

 

そして靴のサイズが23cmなので1歩は約43cm(0.43m)と考えます。

50代女性ひとりでお出かけ

1分間で235歩進むことができました。

何m進むことができたか計算してみましょう。

m(メートル)に単位を合わせて43cm=0.43mで計算します。

(歩数)×(1歩で進む距離)=(1分間に進んだ距離)

(235歩)×(0.43m)=101.05(m)

分速約101mでウォーキングしています!

早歩きでウォーキングをしているので、このままでよさそうですね。

小学校6年生算数の学習「速さ」

小学校の算数の目標には、

「日常の事象を数理的に処理する技能を身に付けるようにする」

という目標があります。さらに

「日常の事象を数理的に捉え見通しをもち筋道を立てて考察する力を養う」

ことも目標に挙げられています。

たとえば「皇居をぐるっと1周してみよう」と思った場合、

ひとりでお出かけ皇居

「皇居1周は約5㎞。私は1分間で105mくらいで歩けるから、5,000÷105=47.619・・・で、約48分位かかるかな」

さらに

「でも、今日は少し暑いから、もう少し時間がかかるかもしれない。約60分と考えて、レストランに入る時間を予約しよう」

と見立てることができると〇。

これは「数学的な考え方」「論理的思考」にも通じていて、物事を考えるときにとても大切で、そしてとても便利な考え方なのです。

普段の小さなことでも筋道を立てて考えると、うっかりミスなども減ると思うのです。

私は最近、うっかり間違えたり、良い方法をみつけるのが今までよりも時間がかかったりすることがあるので、自分で意識して「論理的に」考えるようにしています。

このように、

「ざっくりとでよいので、予測して行動ができたり、物の大きさをや重さをだいたいで見当をつけることができるようになる」

というのは、小学生だけではなく50代にも大切な思考力といえるかもしれません。

「頭を働かせなさいね」と脳に伝えるということです!

まとめ

50代女性これからの暮らし方ひとりでお出かけ
rico
rico
厚労省のホームページをみると、普通歩行や早歩き(速歩)は「運動」ではなく、「生活活動」に分類されています。
運動とはいえないなんてちょっとガッカリね。
rico
rico
厚労省では「身体活動のうち、日常生活における労働、家事、通勤・通学などのことを「生活活動」として示しています。
例えば、買い物や洗濯物を干すなどの家事、そして犬の散歩や子どもと外で遊ぶといった生活上の活動、さらに通勤や営業の外回り、階段の昇り降り、荷物を運ぶことも生活活動としています。

これらの「運動」や「生活習慣病」「生活活動」などのことはホームページ(厚生労働省ホームページ)で詳しく解説されていますので参考にしてみてくださいね。

厚労省eヘルスネット
(https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/exercise/s-01-002.html)

 

そして小学校で学ぶ学習は、おとなになってからもう一度学ぶととても楽しいのです。興味があるようでしたら、ぜひこちらの記事もよんでいただけるとうれしいです!

 

 

プロフィール

サイト管理人:rico

常勤の公立小学校教諭から非常勤に働き方改革。現在は執筆業を中心とするオーガニックコンシェルジュ。都会の中の田舎暮らしで育ったせいか、なんとなくずっとナチュラル志向。生活に役立ちそうな講座を受講した結果、いろいろな資格保有者となりました。