Turn over a new leaf
50代女性pure&naturalライフスタイル
アロマクラフト

みつろうで手づくりリップクリーム|簡単な作り方

みつろうリップクリームの作り方

みつろうラップをつくるために購入した『みつろう』が残ったら、リップクリームやハンドクリームもつくってみませんか?

今回は、ホホバオイルとシアバターを使ったリッチなタイプのリップクリームの作り方をご消化します。

リップクリームの分量

<用意するもの>

みつろう         5g

シアバター  10g

ホホバオイル 15g

※香りをつけたい場合は、好みの精油 1滴

計量器・軽量のための容器・湯せん用容器・

かき混ぜる棒・リップクリームを入れる容器

はじめに・・。

今回ご紹介したレシピは、

みつろう1:シアバター2:ホホバオイル3

という割合にしました。

手づくりみつろうリップクリーム

一般に市販されているリップクリームの容器で5つ分以上つくれる量になっています。すべてをリップクリームの容器に移してもよいですが、ハンドケアにも使えますので、クリーム容器に分けてもOKです。

要するに、リップクリームの容器に入れれば『リップクリーム』になり、ハンドクリームの容器に入れれば、ハンドクリームとしても使えるという万能なクリームということです!

このレシピは、スルッと滑らかな塗り心地を考えてのレシピにしてみましたが、一度ご自身でつくられて、シアバターやホホバオイル、みつろうの割合を自分の好みに変えてみてくださいね。

また精油で香りづけするのもよいと思います。その場合は1滴くらいにしておく方がよいかもしれません。

また、シアバターではなく、ココアバターを使うと、チョコレートの香りがする美味しそうなリップクリームになりますよ!

手づくりみつろうクリーム

みつろうが多いと硬めになり、シアバターなしでもつくることができます。

いろいろとアレンジして楽しむことができますね。

リッククリームのつくりかた

作り方はとても簡単です。

①必要な分量を計測し、それぞれ分けて容器に入れる。

※みつろうは湯せん用の容器に入れる。

②湯煎をする。

みつろうが溶けたら、シアバターを入れ、最後にホホバオイルを入れる。このとき、ホホバオイルが冷たいとよく混ざらないので、ホホバオイルも温めておきます。

④容器に移して冷まします。

まとめ

天然素材のみでつくるリップクリームなら、安心して使うことができますよね。

とはいえ、天然素材だから誰にも適しているということではありません。

また、ご紹介したレシピが完全に優れているということでもなく、からだに使うものは、人によって感じ方も効果も違うものだと思います。

人それぞれ、性格が違うように、どのようなものでも、自分に合うかどうかを判断の基準にするのが一番です。自分のお肌と相談しながら試してみてくださいね。

みなさんのスキンケアの参考になったらうれしいです。

そして、今回は動画も作成してみました。参考になりそうでしたらご覧ください。

 

 

おすすめショップ

50代女性のゆったりワンピースなら

ナチュラルセンス


綿麻が中心!ふんわりワンピースが豊富