50代ファッション

【ナチュラルライフ】かさつかないオーガニックの日焼け止め

50代女性のオーガニックコスメ

ヴェレダオーガニックコスメ日焼け止め

今では1年中欠かせない日焼け止めアイテムに、オーガニックを選んでいる方もいらっしゃいますよね。

その『オーガニック』、きちんと確認しないと本当のオーガニックとは限らない場合もあります。

せっかくオーガニックを選ぶなら確かなものを選んで、その効果を実感したいですよね。

2020年度『こころとからだの自然教室』第1回目は『オーガニック』についてのお話です。

日本でいうオーガニックとは

日本で『オーガニック』の検査認証を担当しているのは農林水産省。

そして『オーガニック』とは『有機農産物』、つまり有機農業で生産された穀物や野菜、果物、お茶、そして畜産物のことです。

オーガニックコスメのおすすめ

有機農産物は、化学的に合成された農薬や肥料を使用しないことはもちろんですが、急に今年から有機農業に変えよう!と思ってもきちんと確認をしてからでないと始めることはできません。

なぜなら、種まきや植え付けをする土壌は、2年以上化学的肥料や農薬を使用していない土壌でなければいけないというきまりがあるからです。

農林水産省に有機農産物と認めたものについては『有機JASマーク』を貼ることができるので、『有機JASマーク』が付いていれば、オーガニック(有機農作物)であるとわかります。

日本では、農林水産省で『有機農産物』を指定し、農薬や化学肥料などの化学物質に頼らないで、自然界の力で生産された農産物、加工食品、飼料及び畜産物に、太陽と雲と植物をイメージした『有機JASマーク』を付けています。

rico
rico
より詳しく知りたい方は農林水産省のホームページで確認してみてね。

農林水産省ホームページhttps://www.maff.go.jp/j/jas/jas_kikaku/yuuki.html

オーガニックは農作物だけ?

有機農作物って、野菜や果物についていることはわかったけど、化粧品は認証していないの?それとも別の認証制度があるの?
rico
rico
日本では、農産物しか検査認証が行われていないの。農林水産省以外の機関で認証をしているっていうわけでもないから、日本でのオーガニック化粧品の基準ははっきりしていないの。
でも、日本製の化粧品でもオーガニックってかいてあるものもみかけるのはなぜ?
rico
rico
それはね、海外の検査認証機関で検閲を受けているの。オーガニック農産物を使用しているということを書いてある場合もあるから注意して確認することはとても大切よ。

日本のメーカーでオーガニック化粧品の認証マークがついているものは、海外の検査認証を受けた化粧品です。

rico
rico
ナチュラルグラッセもそのひとつです!

〈スポンサーリンク〉
ナチュラルオーガニックコスメ専門サイト【nature’s way】



海外のオーガニック化粧品

海外の化粧品でオーガニックってかいてあるものは、オーガニックの認証制度を受けているの?
rico
rico
認証マークが記載されていればね、そういえるわね。日本で販売されている海外製品の化粧品にも、オーガニック認証を受けているものはたくさんあるわよ。たとえばヴェレダは世界中で愛用者がいるオーガニック化粧品のパイオニア的存在ね。
rico
rico
世界のオーガニックコスメ認証機関はいくつかあるけれど、有名なのがベルギーの「NATRUE(ネイトゥルー)。公正でとても厳格な基準を設けている認証団体で、立ち上げの際はヨーロッパの有名なナチュラルコスメブランドが参画したの。オーガニック成分の含有率も表示されているのは、わかりやすいって消費者から指示されていているそうよ。コスメブランドからも信頼されていて現在約200以上のブランドから5000近い製品が認証を取得しているみたい。

ヴェレダの公式サイトでは、とても詳しくわかりやすい説明が掲載されていますので、ぜひ確認してみてください。

〈スポンサーリンク〉





日本人向けに開発

私はヴェレダの日焼け止めクリームを1年中使っているのですが、その理由はもちろんオーガニックコスメとしての信頼度が高いということが一番。

中でもヴェレダの使用している植物は、フラワーセラピストでもある私の心をわし掴み。

ヴェレダ日焼け止めミルク

このエーデルワイスUVプロテクト
敏感肌にもおすすめの1年中使えるUVケア(価格 :2,530 円、30ml )に含まれる『エーデルワイス』は、標高1,500~3,400mのアルプス山岳地帯に生息する植物。

強い紫外線や強風などの厳しい自然環境下でたくましく生きる生命力を持ち、白く美しい花を咲かせます。

そのエーデルワイスは潤いを抱えこむ性質があるため、肌を保護する効果があるのです。

使い心地は、一言でいえばしっとり

紫外線から肌を守りつつ、しっとりと潤いを与えて肌荒れを防ぐ日焼け止めミルクです。
SPF38 PA++


配合成分は以下の通りです。
水、酸化チタン、スクワラン、グリセリン、オリーブ果実油、エタノール、ホホバ種子油、ミリスチン酸ポリグリセリルー10、アルミナ、シリカ、エーデルワイスエキス、サンシキスミレエキス、カミツレ花エキス、トウキンセンカ花エキス、アロエベラ液汁、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、香料*、ステアリン酸、ベヘニルアルコール、アラビアゴム、キサンタンガム、パルミチン酸デキストリン、アニス酸、カプリン酸ポリグリセリルー3、ペンタステアリン酸ポリグリセリル―10、酸化鉄

冬の乾燥におすすめ

これは私が今の季節愛用中の乾燥用クリーム。

赤ちゃんにも使える優しい保湿クリームです。

成分は、ゴマ油、アーモンド油、ラノリン、ミツロウ、トウキンセンカ花エキス、香料のみ。

価格:2,200 円(税込 .内容量30mL)

朝晩、少量を顔につけています。

ショップをみる

 



カレンドラはヨーロッパでは、多くの家庭で育てているともいわれる花。

その理由は花に含まれる成分が、傷めた皮膚や粘膜の修復を促すといわれていて、家庭でカレンドラオイルを常備するからだそう。

現在は花を育てて、それを傷をいやすために使用しているかどうかといえば、そうだとは言えないと思いますが、古くから、大切にされてきた花であったことは確かです。

私もカレンドラオイルをつくってみたことはあります!

カレンドラは、太陽からたっぷりの光を吸収して、みずみずしい花を咲かせるので「太陽の花嫁」という別名を持っているんですよ。

そのあたたかさでデリケートな肌を包み込んで守ってくれるのでしょう。

和名は『金盞花(キンセンカ)』といいます。

きっと聞いたことがあるのではないでしょうか。

オーガニックコスメのおすすめ

せっかくなので、オーガニックコスメのヴェレダから、おすすめの商品をご紹介しますね。

先日、実店舗2か所をみてきましたが、どちらにも置いていなかったので、通販で購入するのがいいかな・・と思いました。

お近くのお店にあったら、手にとってみてください。



ベストセラー セット
ヴェレダご愛用者が選んだ2019年のベストセラーのお得なセットです。

価格:11,000円( 税込)
ショップをみる

左から「ホワイトバーチ ボディオイル」日本限定処方エーデルワイス日焼け止めミルク、化粧水、マルチクリーム、ダブル洗顔不要のクレンジングミルク、マッサージオイルのミニサイズが付いています。

【内容】
・ホワイトバーチ ボディオイル 100mL
・エーデルワイスUVプロテクト 50mL
・ワイルドローズ モイスチャーローション 100mL
・スキンフード 10mL(ミニサイズ)
・モイスチャー クレンジングミルク 20mL (ミニサイズ)
・アルニカ マッサージオイル 10mL (ミニサイズ)

 

こちらはワイルドローズシリーズ。



ワイルドローズ トライアルセット
ヴェレダを堪能する4アイテムを、7日間トライアル

価格:2,200円( 税込)
ショップをみる

多くのメディアでベストコスメを受賞したクレンジングミルク、ワイルドローズの化粧水と乳液が揃ったお得なトライアルセット。

【内容】
・モイスチャー クレンジングミルク 20mL(ミニサイズ)
・ワイルドローズ モイスチャーローション 20mL(ミニサイズ)
・ワイルドローズ モイスチャーミルク 20mL(ミニサイズ)
・エーデルワイス UVプロテクト サシェ (2回分)

 

そしてザクロシリーズ。



ざくろ フェイスケアトライアルセット
エイジングサイン*が気になる肌用です。

価格:2,750円(税込)
ショップをみる

【内容】
・モイスチャー クレンジングミルク 20mL
・ざくろ モイスチャーローション 20mL x 2
・ざくろ デイクリーム 7mL