50代暮らし

【猫の飼い方】膝の上にのる猫になったワケとは?

ねこって膝の上が好き?

ねこの飼い方

我が家の2歳猫さんは膝の上が大好き!

うっかり椅子やソファに座ったものなら、あっという間に乗られてしまいます。

でもどんな猫でも『膝の上に乗る』というわけでもないようです。

それどころか『膝乗り猫』になってほしいと思っている方もいらっしゃるとか・・。

そこで、我が家の猫がいつからどうして、膝の上に乗るようになったかを振り返ってみました。

猫それぞれの性格もあると思いますが、参考になったらうれしいです。

膝に乗りたいと思うようになったらしい

猫の飼い方膝乗り猫

気がついたら膝の上に乗るようになっていました。

が、

我が家の猫は、眼が開いていない頃に保護したので、最初からベタベタとやたらにスキンシップをしていました。

そういうことも関係があるのかもしれません。

けれど、1つだけ「これは?」と思い当たることがあります。

それは『椅子に胡坐ですわること』ことです。

猫の飼い方膝乗り猫



どういうことかというと、私はPCとのにらめっこで疲れると、椅子の上に『胡坐』で座るんですね(背筋が伸びて気持ちがよいです!)。

胡坐で座ると、円座のように真ん中にくぼみができますよね。

そして、洋服を着ているので、そこは『柔らかなくぼみ』になるんです。

はじめは、自分が休憩中なので、傍で寝ている猫さんをワザワザ抱き寄せて、そこに座らせてナデナデしていました。

我が家の猫さんは、ナデナデしてもあまりグルグルいわないのですが、おとなしく座っているので、そのままの姿勢でまたPCに向かうことになる・・という場合もあったのです。

そんなことをしているうちに、いつからか、私が椅子に座ると、

(そこに座りたい!膝の上にのせて!)

と言わんばかりの眼で訴えるようになりました。

正直、今はちょっとなあ・・と思うこともあるのですが、その仕草がキュートなので『胡坐のくぼみ』をつくってしまうんですよ。

ほとんど甘やかしすぎです。

家族の誰の上にでも乗る

そんなこんなで、我が家の猫は私の膝の上のみならず、家族の誰の膝の上にも乗るように・・・乗ることをせがむようになりました。

ただし、膝はどんな感じでもよいかというとそうではないんです。

一番好きなのは絶対に『胡坐のくぼみ』。

猫の飼い方膝乗り猫

その次になんとなくちょっと不満げだけど乗ってくるのは、『背もたれにもたれて、猫が座る場所が広くなっている太ももの上(膝の上)』。⇒おそらく、お尻を前方にずらして座るため、お腹の部分がいい感じになるから。

要は『自分がスッポリと入ることができる』ことが条件のようです。

まとめ

『胡坐でくぼみをつくる』

猫を膝の上に乗せたい方は、一度試してみてください。

1回目:自分で膝に乗せる(スッポリの空間をつくり、洋服で布団をつくる)

2回目~数回目:数回は自分で膝の上に乗せる(ここは、居心地がいいよ!と教えます)

好きな場所!に認定されたら、それからはいつでも来てくれるようになります!

グレインフリー・白身魚たっぷり!
プレミアムキャットフード『モグニャン』




執筆者:rico 小学校教諭として十数年。その後は特別支援に携わっているフリーの教員。 オーガニックコンシェルジュ。