ナチュラルライフ

体に優しいおやつにどんなものを選ぶ?50代女性には?

体に優しいおやつの選び方在宅ワーク中や家事の合間におやつが欲しいなあと思うことってありますよね。

今回は50代女性にとって、体に優しいおやつにはどんなものがあるか探してみました。

気になるものがみつかるとうれしいです!

なぜ体に優しいおやつ?

 

からだに優しいおやつ人は年を重ねるごとに、基礎代謝量が減り、そのことによって脂肪がつきやすいからだになっていくといわれています。

30代のときと50代になってからの生活運動が変わらない方でも、消費カロリーが減っていくため、からだに脂肪がつきやすくなってしまいます。

ということは、30代の頃と同じようにおやつを摂っているといると、30代の頃よりも脂肪がついてしまう可能性が高いということになります。

それは、ちょっと困ります!食べたい気持ちはあまり変わっていないし・・。
rico
rico
そうですよね。ではどうしたらよいでしょう。
カロリーの低いものを摂ればいい?
rico
rico
先日医師に、それは少し危険だと言われましたよ。摂取カロリーだけを減らすとバランスを欠いて、筋肉をつくるたんぱく質や、代謝を促すビタミンやミネラルまで減ってしまうこともあるからだそうです。
rico
rico
低カロリーで高たんぱく質、ビタミン、ミネラルをきちんと摂って、運動量を増やし、脂肪を消費しやすいように体づくりをしていくことが大切なんですって。

50代女性のおやつには、ビタミンやミネラルが摂れるものを選ぶと体に優しく健康にもよくて理想的ということですね。

フルーツナッツはよさそうですね。

おやつも体によいものを摂ればいいってことですよね。たしかにフルーツやナッツはよさそう!

オーガニックフルーツとナッツ

せっかくフルーツやナッツをおやつに選ぶなら、できるだけ体に優しいものがよいですよね。オーガニックなら、まさにその条件にピッタリ!

バナナは最近とても人気のフルーツですが、『大地を守る会』ではめずらしい有機バナナも毎回のように注文することができます。

☆☆☆安心でおいしい食材を、あなたのキッチンまでお届けします☆☆☆
│ 大 │ 地 │ 宅 │ 配 │


オーガニックバナナチップもあります。

このはちみつ漬けのナッツはとても美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいます!
刻んでクリームチーズに添えるとさらにおいしさアップ。
私はチーズケーキよりもこの方が好きです!

添加物の入っていないおやつ

とはいえ、いつもフルーツやナッツばかりでは寂しいな・・と思いますよね。

そんなときでも、できるだけ添加物の含まれていないものを選びたいもの。カロリー的には少し高めでも、添加物が含まれていないものなら体に優しいですよね。

私はカロリーが低いからといって、添加物がたくさん含まれているものよりは、少々カロリーが高くても添加物が含まれないものを選んでいます。

さっそく50代女性におすすめの添加物の入っていないおやつを探してみました。

まずはこちら。

50代女性におすすめのおやつ 50代女性におすすめのおやつ

葉山にあるブレドールというパン屋さんのラスクです。

ブレドールのホームページから購入できます。

ブレドール葉山オンラインショップ

こちらはミックスナッツ。シナモンの風味が後を引きます。

使われているのは、小麦粉、砂糖、塩、豆乳クリームバター、シナモンパウダー、レーズン、雑穀、くるみ、植物油脂、パン酵母。

添加物が一切入っていません。

そのほかにも添加物の含まれていないラスクがいくつかあったので、こちらも注文してみたいなあと思っています。

金谷ベーカリーのラスクです。食パンが絶品なので、ラスクもおいしいはず。
そしてコンビニで購入してきたものが、こちら。
幼少の頃、自宅になつめの樹があって、祖父にもいでもらいよく口にしていました。
特に女性によい木の実です。
からだに優しいおやつ
からだに優しいおやつ
コンビニで、乾燥イチジクを発見しました。
そのままおやつにしてもよいのですが、サラダに混ぜてみたい!と購入。
からだに優しいおやつ

まとめ

年齢を重ねてくると基礎代謝量が減り、消費カロリーが少なくなってしまうことから、脂肪がからだにつきやすいということなのだそうです。

からだに優しいおやつ

運動も食生活も見直さないといけない年齢なのですね。

ただ、そうとはわかっていても、なかなかしんどい年齢でもあることも確か。

それなら自分ができる範囲でできることをしていく。

できなくても自分を責めない。

自分に優しくすることも必要な時期というのもあるのでは?なんて思ったりもします。

基礎代謝量を増やして、健康に過ごしていきたいですね。

プロフィール

サイト管理人:rico

常勤の公立小学校教諭から非常勤に働き方改革。現在は執筆業を中心とするオーガニックコンシェルジュ。都会の中の田舎暮らしで育ったせいか、なんとなくずっとナチュラル志向。生活に役立ちそうな講座を受講した結果、いろいろな資格保有者となりました。