50代暮らし

おうちがエステ?家でゆっくり過ごす日にほしいものは

おうちでゆっくり過ごす日のマストアイテム

雨の日の過ごし方50代女性

何も予定が入っていない休日。お出かけするのもよいですが、お天気が悪かったり、出かける気分ではないときは、おうちでエステ気分を味わうのはいかがですか?

気分転換にピッタリのおうちエステ。簡単にできる方法から少し贅沢をするアイテムまでをご紹介します。

簡単おうちエステの方法

今日は雨が降っていて何だか憂鬱・・。何をしようかな。

 

そんなときは、まずリフレッシュするためにシャワーを浴びることがおすすめ。

熱めのシャワーは交感神経のスイッチが入り、活動モードの気分になるといわれています。

それだけで気分がスッキリしたら、あとは好きなように過ごすことができますね。

家事をしてもよいですし、本を読んでもよいですし、気分よく過ごすことができるでしょう。

おすすめは、家事などの日常的なことはせずに、『おうちエステ』で自分のための時間をつくることです。

簡単快適なおうちエステ

簡単ですぐにできる『おうちエステ』は、シャワーではなく入浴から始めます。

私の場合は本と飲み物をもって、ぬるめのお湯にゆっくりと入ります。

バスタブに好きな香りを入れて浴室内をよい香りにしておくことも大切。

rico
rico
エッセンシャルオイルをバスタブに入れる場合は、人のよって合わないものがあったり、バスタブを痛めることもあるので、事前に調べておくことがとっても重要!安心なのは、いつも使っている入浴剤など。自分に合ったものを選んでくださいね。

本は、その時々の気分に合わせて。情報誌だったり、ライトノベルだったり、コミックだったりといろいろです。

飲み物はミネラルウォーター。麦茶や緑茶のときもあります。すきなものを選んでね。

頭がクラクラしたり、汗をいっぱいかいたりするようなことがないように、無理をせずに入浴することが大切ですよ。出たり入ったりしながら、自分のペースで楽しく入浴するということです。

お風呂からでてきたら、のんびり過ごしましょう。

髪の毛を乾かしたり、身なりを整えたら、私は、気に入っているカップで温かい飲み物をいただきます。ちょっと甘いものをつまんだりもしますよ。

rico
rico
夕食のしたくや洗濯などをしないといけないときは、夕食も下準備をして、洗濯もすませてから、入浴しまーす。

少し贅沢なおうちエステ

50代女性がおうちエステで快適に過ごすために欲しいアイテムをあげてみました。私が欲しい!と思っているアイテムと、すでに何度もリピートしている大好きな食べ物たちです。

1.フェイシャルヒットネスとネイルケアセット

表情筋を鍛えてリフトアップするというアイテム。使っているところは家族にみられたくないけど・・。

ネイルケアは、外でお願いするよりも自宅でやった方がリラックスできるので、私はだんぜん自宅派です。

そして次はこちら。
2.ヒートネック

朝、起きると首から肩にかけていつも凝っているんですよね。

寝方が悪いのか、枕が合わないのか、よくわからないのですが、なぜか首が凝っているんです。頭が痛いこともあって、それだけで憂鬱になります。整体などにも行ったのですが、ちょっと私にはあいませんでした。

これは魅力的です。使ってみたい!

そして入浴後のティータイムを優雅に過ごすためのカップ
3.マグ&カップ

マグカップなら持っていますよ!
rico
rico
そうなんだけど。いつも同じカップではなくて、ちがうカップを使ってみたいなって思って。
rico
rico
食器類が大好きだから、ショップをみているだけで楽しい!

おいしいものをお取り寄せ

私の大好きな焼き菓子をご紹介しますね。
4.ティータイムのおともに用意したいお取り寄せのスイーツ

ウエストのドライケーキは、どれも大好きなのですが、とくにヴィクトリアという真ん中にイチゴジャムがのっているものが好き!このイチゴジャムは国産のイチゴでつくられていて、甘すぎずちょっと酸っぱさが残っているのが私好みなのです。リーフパイもサックサック。

そしてパティスリーキハチ。
私はパルミエが一番好きです。

今日の記事は、商品のご紹介ばかりになってしまいましたが、気分が上がらないときは、無理をして何かをがんばらなくていいんじゃないかな?ということをお伝えしたいなと思いました。

こんな風におうちエステしてみたいな・・とか、美顔器を買ってみようかな?とか、スイーツをお取り寄せしようかな?など自分の好きなものややってみたいことを検索して時間を過ごしたっていいんです。

教師をしていたときに、たくさんのお母様方とお話をして感じました。お母様が疲れていたり、悲しんでいると子どもたちが元気がないことが多いと。けれどそれは『お母さん』という立場に限ったことではないと思うのです。

私たち世代のみなさんが、そして私が。

いつも明るい気持ちで過ごせますように・・。

 

 

この記事に関するおすすめの本